謙虚な日々を

謙虚な日々を

『ガンプラ』がメインですが、DIY 、映画や小説の感想、スカ、レゲエのCD紹介なども載せていこうかと思います。

大人になって読書の素晴らしさに気が付きました

こんにちは。

 

すてでぃです。

 

私が学生の頃、親から「本を読みなさい」と言われたことがありました。

 

何の小説かは忘れてしまいましたが、本を手に取り開きました。

 

しかし常日頃、マンガを読んでいた私は、絵がない文字だけの本を読めるはずがありません。

 

読んでいたとしても、頭の中は違う事を考えたりして、本の内容が入ってきません。

 

漢字が読めない、言葉の意味がわからない。

 

パタン(本を閉じる音)

 

その後、本が開かれる事はなく、本から避ける人生を歩み始めました。

 

そして私は理系に進み、今は技術系の仕事をしています。

 

しかし、私が30歳くらいだった時に友人から、

 

「面白い小説があるから読んでみなよ。」

 

と言われ一冊の本を借りました。

 

アヒルと鴨のコインロッカー

 

「ん?なんだこのタイトル?」

 

最初、タイトルから疑問を感じましたが、時間があったのでとりあえず読む事にしました。

 

読み始めると、

 

「あれ?なんかおもしろいぞ。この後、どうなるんだろう?」

 

ページが進む、進む。

 

読書にハマった自分がいました。

 

なぜ学生の時、読書が嫌いだったのが、今になって好きになったのか考えてみました。

 

まず、伊坂幸太郎さんの作品はとても読みやすかったからだと思います。

 

逆に、難しく読みづらい本を読んでいたら、「やっぱり本はおもしろくない」となり、私は死ぬまで本の素晴らしさがわからなかったでしょう。

 

後は、学生時代と違って、大人になり知識(言葉、漢字)や経験を積んできたからだと思います。

 

漢字が読めるので内容が理解できるし、経験を基に物語の情景が想像できます。

 

その後、たくさんの本を読むようになりました。

 

大人になっても、わからない漢字や言い回しなど、本から学ぶ事がたくさんあります。

 

本を読む事によって、理解力、想像力、集中力、知識などが身につくので、これからも続けていきたいと思います。

 

それではまた。

 

すてでぃでした。