謙虚な日々を

謙虚な日々を

『ガンプラ』がメインですが、DIY 、映画や小説の感想、スカ、レゲエのCD紹介なども載せていこうかと思います。

読書 アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)感想

 

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

 

こんにちは。

 

すてでぃです。

 

私が大人になって初めて読んだ本、

 

アヒルと鴨のコインロッカー伊坂幸太郎

(2003年 東京創元社

 

をご紹介します。

 

【概要】

まず現在の話として、アパートに引っ越してきた大学生の椎名が隣の部屋の不思議な青年、河崎に「一緒に本屋を襲わないか」と誘われる。

 

また、2年前の話に遡り、ペットショップ店員の琴美がペット殺し事件に巻き込まれる。

 

この現在と2年前が並行して、話が進んでいきます。

 

【感想】

まず、タイトルが何?どういう事?ってなりますよね。

 

どういう意味か知りたいという気持ちがあったので、どんどん読みながら引き込まれました。

 

そして、読んでいくうちにタイトルだけでなく、いくつもの疑問が出てきます。

 

不思議な青年、河崎とは一体何者なのか?

 

そもそも何故本屋を襲うのか?

 

2年前のペット殺し事件と現在の本屋襲撃の繋がりとは?

 

最初は謎だらけの話ですが、読んでいくうちに徐々に解明されていきます。

 

伊坂幸太郎さんの作品ということもあり、とても読みやすく、いろいろな謎が解明されていくのが快感で面白いです。

 

2007年に映画化もされており、私は本を読んでから映画を観ました。

 

原作を読んでから映画を観ると、原作のイメージがあるので、出演者や脚本などのイメージと映画が異なる事が多く、評価が下がりがちになります。

 

しかし、椎名を演じた濱田岳さんと河崎を演じた瑛太さんは、私のイメージ通りでしたので、すごく楽しめました。

 

特に、濱田岳さんの演技、味があって好きです。

 

それではまた。

 

すてでぃでした。

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]