謙虚な日々を

謙虚な日々を

『ガンプラ』がメインですが、DIY 、映画や小説の感想、スカ、レゲエのCD紹介なども載せていこうかと思います。

読書 ゴールデンスランバー(伊坂幸太郎)感想

 

ゴールデンスランバー (新潮文庫)

ゴールデンスランバー (新潮文庫)

 

 

こんにちは。

 

すてでぃです。

 

私が過去に読んだ本、

 

ゴールデンスランバー伊坂幸太郎

 (2007年 新潮社)

 

をご紹介します。

 

【概要】

仙台で凱旋パレードを行なっていた首相が、ラジコンヘリの爆弾によって暗殺される事件が起こる。

 

近くにいたごく普通の男でもあり、実は地元の英雄でもある青柳が首相暗殺事件の濡れ衣を着せられてしまう。

 

そして、青柳の逃亡劇が始まる。

 

【感想】

まず、事件の犯人に仕立て上げられた青柳が、巨大な陰謀から必死で逃げるところが、とてもハラハラドキドキします。

 

逃げる青柳を助けてくれるのが、大学の後輩、元恋人、元職場の仲間達なんですが、みんな青柳の事を無実だと信じて助けるので、青柳との間に深い友情や絆を感じました。

 

そして青柳の無実を信じる父親、カッコいいです。

 

この作品は、2010年に映画化もされています。

 

主演は堺雅人さんで、人が良さそうな役なので私はぴったりだと思いました。

 

内容は、原作からいくつか削られた部分はありますが、原作を読んだ人も、原作を読んでない人も、楽しめる映画だと思います。

 

それではまた。

 

すてでぃでした。

ゴールデンスランバー [DVD]

ゴールデンスランバー [DVD]