謙虚な日々を

謙虚な日々を

ガンプラがメインですが、子供の事や日記、自作キャラなども紹介しているブログです。

音楽 ONE LOVE-The Very Best Of Bob Marley & The Wailers-(Bob Marley & The Wailers)感想

 

ONE LOVE-ザ・ベリー・ベスト・オブ・ボブ・マーリィ(初回限定特別価格盤)

ONE LOVE-ザ・ベリー・ベスト・オブ・ボブ・マーリィ(初回限定特別価格盤)

 

 

こんにちは。

 

すてでぃです。

 

レゲエといったら彼だと思います。

 

『ONE LOVE-The Very Best Of Bob Marley & The Wailers-』

Bob Marley & The Wailers

(『ワン ラブ -ザ ベリー ベスト オブ ボブ・マーリー アンド ザ ウェイラーズ-』ボブマーリー アンド ザ ウェイラーズ)

 

皆様、ご存知、レゲエの神様ボブ・マーリーです。

 

彼の20曲収録されたベストアルバムです。

 

まず、ボブ・マーリーについてですが、アーティストがボブ・マーリー アンド ザ ウェイラーズ"となっています。

 

元々ボブ・マーリー、ピーター・トッシュ、バニー・ウェイラーのトリオで"ウェイラーズ"というバンドでした。

 

しかし、その後ピーターとバニーが脱退し、ボブ主体になったことでボブ・マーリー アンド ザ ウェイラーズ"となりました。

 

しかし、ボブ・マーリーは、右足親指の悪性腫瘍が原因で、最終的に脳腫瘍で36歳の若さで亡くなっています。(諸説あります)

 

ある説では、手術もできたのですが、ラスタファリズムという思想運動の信仰により、体に刃を入れる事を死ぬまで拒み続けたといわれています。

 

その信仰の教義により、髪の毛も一生切らないとされており、よくイメージする「レゲエ=ドレッドヘア」に繋がります。

 

アルバムについてですが、レゲエの基本中の基本を聴きたい方にはオススメです。

 

レゲエは、心地よくてゆるいイメージですが、ボブの歌には魂が込められており、歌詞には強いメッセージ性があります。

 

是非、歌詞の日本語訳を見ていただき、当時の貧しい人々の為に歌ったボブの熱い魂を感じてほしいです。

 

おすすめ曲は、エリック・クラプトンがカバーして、ボブ・マーリーが世界的に有名になった曲"I Shot The Sheriff"(3曲目)、アルバムタイトルでもある、"One Love/People Get Ready"(12曲目)です。

 

  1. Stir It Up
  2. Get Up, Stand Up
  3. I Shot The Sheriff
  4. Lively Up Yourself
  5. No Woman No Cry (Live)
  6. Roots, Rock, Reggae
  7. Exodus
  8. Jamming
  9. Waiting In Vain
  10. Three Little Birds
  11. Turn Your Lights Down Low
  12. One Love/People Get Ready
  13. Is This Love
  14. Sun Is Shining
  15. So Much Trouble In The World
  16. Could You Be Loved
  17. Redemption Song (Band Version)
  18. Buffalo Soldier
  19. Iron Lion Zion
  20. I Know A Place (Single Remix)

 

それではまた。

 

すてでぃでした。