謙虚な日々を

謙虚な日々を

ガンプラがメインですが、子供の事や日記、自作キャラなども紹介しているブログです。

読書 手紙(東野圭吾)感想

 

手紙 (文春文庫)

手紙 (文春文庫)

 

 

こんにちは。


すてでぃです。

 

私が、おすすめする東野圭吾さんの作品、

 

『手紙』東野圭吾

(2003年 文藝春秋

 

をご紹介したいと思います。

 

【概要】
両親を亡くした兄弟の兄が弟の大学進学の為に強盗をしてしまい、さらに殺人も犯してしまう。

 

強盗殺人犯の兄を持つ弟が、世間から偏見や差別を受けてしまう。

 

自分だけならまだしも、自分の家族、子供に影響を及ぼしてしまう。

 

【感想】

どんな理由にせよ強盗、殺人などの犯罪は絶対やってはいけない事です。

 

1番辛いのはもちろん被害者やそのご家族の方ですが、この話は加害者に視点を置いた、かなり深く重い内容です。

 

私にも兄がいるので、話を重ねて読み、決して他人事ではないと思いました。

 

自分ではなく、家族が何かしてしまった場合、他の家族への影響を描いています。

 

これは、誰にでも起こりうる話だと思います。

 

途中で登場する社長の言葉がなんとも深く、考えさせられました。

 

この作品は、2006年に映画化されています。

 

山田孝之さん、玉山鉄二さん、沢尻エリカさん出演です。

 

映画の方は、私はまだ観ていないので、観たらブログに感想を載せたいと思います。

 

それではまた。

 

すてでぃでした。

手紙 スタンダード版 [DVD]

手紙 スタンダード版 [DVD]