謙虚な日々を

謙虚な日々を

ガンプラがメインですが、子供の事や日記、自作キャラなども紹介しているブログです。

読書 告白(湊かなえ)感想

 

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

 

こんにちは。

 

すてでぃです。


本日は、映画にもなって話題になった、

 

『告白』湊かなえ

(2008年 双葉社) 

 

をご紹介したいと思います。

 

【概要】

中学校の教師である森口は、娘を自分の生徒に殺されてしまった事を告白する。

 

内容の構成が教師、生徒、家族などと視点が変化し、文体も終始語り口になっている。

 

それぞれの語られる内容により、徐々に事件の真相が明らかになる。

 

最後に教師の森口がとった行動とは。

 

【感想】

湊かなえさんは、この作品で小説推理新人賞や本屋大賞を受賞しています。

 

概要でも書きましたが、この作品は最初から最後まで、語り口調で書かれています。

 

内容は、とても暗いし、重い印象を受けますが、事件の内容が明らかになってくると、引き込まれどんどん読み進めてしまいます。

 

語り口調だからなのか、サクサク読めました。

 

2010年に松たか子さん主演で映画化されていて、話題になった映画です。

 

松たか子さんの顔をアップした広告、ポスターが印象的でした。

 

原作と比べてほぼ同じ内容ですが、映画の方は最後の部分を少しアレンジしています。

 

私は、原作を読む前に映画を観ました。

 

そして、この映画の内容を全く知らない状態で観たので、とても衝撃を受けたのを覚えています。

 

原作も映画もよくできた作品で、とにかくラストが見ものです。

 

それではまた。

 

すてでぃでした。

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]