謙虚な日々を

謙虚な日々を

ガンプラがメインですが、DIYや音楽などサクッと読めて、日記や子供の事などクスッと笑えるブログです。

キャラ・日記 命は繋がっていく

f:id:snk55puwtnu:20170527230553j:plain

こんにちは。

 

すてでぃです。

 

妻と結婚前、妻の実家では小型犬のパピヨンを飼っていました。

 

名前は"ぴーちゃん"

 

15年以上生きていて、人間でいうと80歳のおじいちゃんでした。

 

妻の実家に行った時、よくぴーちゃんと遊んだりしました。

 

だっこしたり、追いかけっこしたり、おもちゃで遊んだり、おさんぽ行ったり。

 

ぴーちゃんのイラストも描いたりしました。

 

私は動物が好きでペットを飼いたかったのですが、私の実家ではペットは飼ってはいけなかったので、自分の犬の様に可愛がっていました。

 

そして妻と結婚し、私達は新居に移り住むと同時に、妻の両親は自分の親の介護等の為、四国に戻って暮らすことになりました。

 

その時に、飼っていたぴーちゃんは四国に連れていくことができない為、私達で飼うことになりました。

 

ぴーちゃんはすでに、

 

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう:ひざのお皿がずれてしまって、ひざを曲げたままの歩行になってしまう)

 

と、

 

白内障(目が白く濁ってしまい、見えづらくなってしまう)

 

になっていました。

 

私は、ぴーちゃんの為に、ゲージを作成したり、壁にクッションをつけたり、ごはんの受け皿の高さを調整したり、住みやすい様に工夫をしました。

 

しかし、ぴーちゃんは日に日に弱っていき、もう体半分が麻痺してしまう状態になってしまいました。

 

ごはんも自分ひとりでは食べられない状態だったので、補助しなが食べさせていました。

 

そして、ぴーちゃんがうちに来て5ヶ月。

 

いよいよ、もう立ち上がることもできず寝たきりになり、ごはんも食べなくなりました。

 

もう、覚悟しなければならないと心に決め、1日中寄り添ってあげました。

 

 

 

ごめんね。

 

突然、違う所に移り住んでストレスだったろうね。

 

 

 

ごめんね。

 

生まれ育ったところで生活したかったよね。

 

 

 

ごめんね。

 

ずっと面倒見てくれた、妻のご両親に見てもらってた方がよかったよね。

 

 

 

ありがとうね。

 

たくさんの思い出を作ってくれて、楽しかったよ。

 

 

 

本当にありがとう。

 

 

 

 

 

そして、さようなら。

 

 

 

 

 

数時間後、ぴーちゃんは天国に旅立っていきました。

 

申し訳ない気持ちと、感謝の気持ちでいっぱいで妻と一緒に見守り、一緒に泣きました。

 

 

 

 

 

 

 

その直後、妻に異変が起きました。

 

 

 

 

 

 

 

妻の陣痛が始まったのです。

 

実は、この頃妻は妊娠していて、予定日が少し遅れていた時でした。

 

そして日付が変わり、ぴーちゃんが亡くなった次の日に長男が産まれました。

 

ぴーちゃんが亡くなって悲しかったですが、私達は長男が産まれて喜びました。

 

 

 

 

 

ぴーちゃんは長男が産まれるまで、命を繋げる為に、頑張って生きてくれていたのでしょうか。

 

ぴーちゃんは長男が産まれた後に、自分が天国に旅立ってしまうと、私達が喜んでいる時に悲しませてしまうから、先に旅立っていったのでしょうか。

 

それとも、ぴーちゃんが自分の命と引き換えに、長男の新たな生命を引き寄せてくれたのでしょうか。

 

とにかく、ぴーちゃんは長男に命を繋ぎました。

 

ぴーちゃんが、

 

「僕はもう疲れたから、君達の子供にバトンタッチするね。」

 

と。

 

私は、そんな気がします。

 

 

 

 

 

 

 

命は繋がっていく

 

 

 

 

 

 

 

それではまた。

 

すてでぃでした。